烏 瓜 運 が い い ね と 獣 道

からすうり うんがいいねと けものみち

むかしはどこの藪にも当たり前のようにぶら下がって、引くと上に下に揺れながらひっぱられてきたものです。

宅地化が進んだこんにちでは、めったに見ることもなくなりました。

近道かと分け入ったけもの道で見つけて、大いに喜んだものです。

この句も読まれています。

享 年 の 若 き 仏 に 青 芒 きょうねんの わかきほとけに あおすすき 享年という言葉、年が若ければ胸に迫るものがあります。 不慮の事故もあったろう。 全力で闘い抜いた結果でもあったろう。 笑顔の遺影は、本人の強さや無念、親の苦労も思わせるものです。 精一杯であっただろう短い人生を、折にふれて思い出し、話題にし、忘れず、語り継...
風 光 る 棚 田 ひ と つ に 千 の 石 千枚田 Rice terraces / "KIUKO" 小さな棚田を作るのに、小さめの丸い石が無数に。 どれほどの手間がかかっただろう。 近くから持ってくると言っても、それは大変なこと。 百枚近い棚田が、石垣によって、しっかりと支えられ、一つとして崩れていない。 よく今まで頑張って持ちこたえてこら...
踏み切りの 向こうは見えず 梅雨出水  ... バケツをひっくり返したような雨。洗え洗え荒い流せ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください