湯 煙 り が 釣 瓶 落 と し に 湧 き 立 ち て

ゆけむりが つるべおとしに わきたちて

秋のはじめ、日が暮れかけたと思うとあっという間に真っ暗になっている日暮れの早さが際立つことがあります。

日の高いうちは、街のあちこちにぼんやりと湯煙が立ち上っていて気にもかけてなかったのに、暗くなりかけると、急に目立つ時間があります。

さすが湯の町です。

硫黄の匂いも強くなった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください