渓 流 の 細 き 激 し き 面 影 草

けいりゅうの ほそきはげしき おもかげそう

面影草。

ヤマブキの別名です。

古くから日本の山野や渓谷に自生していたバラ科の落葉樹。

しなやかで長い枝に黄金色の五べんの花がたくさんつき、若緑の新葉とのコントラストが鮮やかです。

里山の少し奥に入り、この花を見つけると華やかでうれしいものです。

小さな流れをまるで覆い隠すように枝を広げるけれど、かすかな水の音で、それとわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください