洪 水 を 制 す 信 玄 堤 今 も

こうずいを せいすしんげん つつみいまも

戦国時代甲斐の国を治めた信玄公は、甲府盆地を水害から守るための大々的治水事業を行なったと有名な話です。

信玄堤と称され、そのコントロールシステムは今でもじゅうぶん通用すると言われます。

いくつもの方策を講じ、暴れ川を制したとされます。

ただ昨今の驚異的な豪雨に対するまではなかろうと想像します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください