気 を 緩 め 浅 蜊 の 舌 の 半 透 明

きをゆるめ あさりのしたの はんとうめい

アサリの砂を吐かせるため、塩加減に気を使うのだけれど、いつもテキトーだから、半分くらい失敗する。

暗くしろと聞いて、まな板を乗せていたけれど、酸欠になるから、新聞紙がいいという。

よくよく 見ると、アサリの舌というか足みたいなものは、きれいな透明感のある白。

「うまくいった」 と思ってすぐにがちゃがちゃと洗うから、しっかり見たことがなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください