気 だ る さ の 振 り 昼 顔 は 寂 し か り

けだるさのふり ひるがおは さびしかり

ケッセルの小説を、カトリーヌ・ドヌーヴ主演で映画化したもので、

当時一世を風靡した感がありました。

なんでこの、昼と夜で、ちがう顔を持つ女の映画に、「昼顔」

という名前がついたのか知りません。

実際のヒルガオは、アサガオに似た薄紅色の花で、野原や道端、

どこにでも生える地味な花です。

可憐とも言えます。

繁殖力は旺盛です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください