気 が つ け ば 蜻 蛉 の 群 れ 遊 ば る る

きがつけば とんぼうのむれ あそばるる

橋のたもとで、涼んでいたら、一匹のトンボが、高く低く飛んでみたり、空中で停止したり。

見とれているうちに、数は少し増えて、

まるで遊ばれているよう。

秋はもうそこ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください