歳 末 の ピ エ ロ 泪 の 笑 顔 貼 る

さいまつの ぴえろなみだの えがおはる

大きな目ににんまり笑ったような大きな口。

ピエロの顔は、あんなにも派手。

どうしてあんなド派手な顔が哀しみを湛えた、やせ我慢に見えてしまうのか。何処の商店街も、仇を取るかのように人で溢れており、歳末大売り出しはまずまずの滑り出しのようです。

色とりどりの風船を背中にひっかけたピエロにも、じゅうぶんな給金が払われますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください