椎 落 つ る 落 ち 葉 を 叩 く 雨 の ご と

しいおつる おちばをたたく あめのごと

落ち葉が降り積もった上に雨が落ちるとき、それは驚くほど大きな音がします。

何事か、ヒョウでも降ったかと思うくらいです。

シイの実は、ドングリくらい大きいです。

ちょっと細長い形です。

ぼたぼた落ちます。

ちょっと風が吹いたら、ぼたぼた落ちます。

この句も読まれています。

這松(はいまつ)に 秋の浜風 秋の波 地を這うような松は、そういう種類か。 わたしには、波風に傷めつけられて、形を変えてしまったように 見えてしょうがない。 秋の風、秋の浜。...
原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...
暮れ行きて 藤紫の 春深し 春の宵はむらさき。ゆらりゆらりと日が落ちて、なんの花の香りかほのかに香る。大きな道路をちょっとはいった路地なんか歩くのがいい。下手すると、元の道に戻れなくてとんでもない目に遭うこともあるけど。...
廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒 はいせんの きまるてつろに はやすすき 日田彦山線。 単線です。 無人駅もいくつもありました。 沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。 ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。 こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください