椎 落 つ る 落 ち 葉 を 叩 く 雨 の ご と

しいおつる おちばをたたく あめのごと

落ち葉が降り積もった上に雨が落ちるとき、それは驚くほど大きな音がします。

何事か、ヒョウでも降ったかと思うくらいです。

シイの実は、ドングリくらい大きいです。

ちょっと細長い形です。

ぼたぼた落ちます。

ちょっと風が吹いたら、ぼたぼた落ちます。

この句も読まれています。

蹲 ( つくばい ) に 青 葉 若 葉 の 映 り 込 み... Washbasin / mrhayata つくばいとは、手水鉢のこと。 和風の庭の、むかしはそれこそ茶室に入る客人が、手を洗ったとされる。 お茶のことはわからないので、すべて聞いた話である。 苔むしたつくばいに、水は満杯に注ぎ込まれ、山の緑はいっぱいに、入るだけ映っている。 水の冷たさが、その映り...
月を連れ 影法師踏んで ひとりぼち... もう吐く息が白い。日が落ちるのもずいぶん早くなった。昔の唄など口ずさみながら、前に後ろに行く影法師と帰り道。別に急ぐわけでもない帰り道は悪くない。ときどきお風呂に寄ったり、焼き鳥を買ったりしながら帰る。一人宴会だ。とにかく一瞬あたまをからにする。少し上手になったと思う。...
営々と 命の芽吹き 続けども よき春の年 数えるほどに ... 毎年春は巡ってくる。 変わらず季節はおとづれるけど、 よき春と思える年は少ない。いつもいつもあれやこれやと うんざりするほど抱えて、花見どころではない年もある。...
朧月夜に千鳥足 ただひとときの くちづけを... 春は春、朧月夜も長い日も、あえて春に酔いたいと思う。ふらふらと街にくりだし、また川沿いを歩き、一年に一回くら い紫色の夢を見てもいいと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください