棉 吹 い て や さ し い 嘘 の 傷 癒 し

わたふいて やさしいうその きずいやし

ワタは、秋に白色の果実を結び、熟すると三裂して、白色の綿毛を付けたタネを吐きます。

これをワタ吹くと言うそうです。

ひとは、いろんな慰めを言うけど、そのほとんどというより、すべては当てにならない。

薄っぺらな優しさなんて、かえって傷つけるだけ。

そんなこともわからない人間がゴマンといる。

自分を「いい人」と思っている。

いいことをしたと思っている。

死んじまえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください