梵 鐘 の 波 打 つ 音 叉 消 へ て 冬

ぼんしょうの なみうつおんさ きえてふゆ

秋のころは、遠い寺の鐘の音が、ふるえるように揺れて揺れて、

時間をかけて届く様が好きで、楽しみにしたものでした。

寒くなり、空気も張り詰めた感じにかわると、あの生ぬるいような音はしなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください