梅雨はまだ 中休み蝉 ひとしきり

何日も大雨が振り続いて、ちょっと今日晴れ間。
また明日からは、降るらしい。蒸し暑い日。
自然はよくできたもので、地面の下で、8年も過ごすという蝉は、梅雨が開けるまで、出てこない。
バカちんアブラゼミが、一匹だけ鳴いたそうだ。テレビがいっていた。

この句も読まれています。

七福の お一人だけでも お立ち寄り... 贅沢は言いません。 安泰に暮らしたいだけなのです。 七福神のひとりでいい。 それも短期の滞在でいい。
木の芽和え 料理の講釈 長きこと... 出てきたお料理に、説明をしていただくのは、ありがたいのですが、まあ長々と。 熱いものは、冷めてしまう。 料理の次は、店に来た有名人の自慢話。 終わらない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
雁 の 棹(さお ) 躊 躇 ひ (ためらい) の な き わ け も な し... 雁は団体で行動する渡り鳥。 まるでさおのように一直線で、高い秋の空を行く。 これから長い長い旅に出る。 傷つくことも、病に倒れることもあろうが、もう見切り発車。 親はどうした。 子どもはどうした。 たとえそれが性であっても、大きな試練にちがいない。...
雪捲いて 雪見障子の 色っぽさ 外は激しい、雪景色。 雪見障子を通して見る、その景色は なんかよそ事のよう。 上は障子、真ん中だけガラス。 切り取られたように見える、その景色は 額に入れた絵のよう。 雪見障子を通して見れば、 雪はあたしとお友だち。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください