梅 雨 籠 り テ ネ シ ー ワ ル ツ 口 を つ き

つゆごもり テネシーワルツ くちをつき

晴れが続いて、梅雨明けかと思ったら、何日も雨模様。

「テネシーワルツ」

テネシー州ナッシュビル。

イギリス移民の音楽が下地といわれるカントリーソングの街らしい。

歌詞の内容は、

恋人と踊っていたら、友人に会った。

友人を彼に紹介した。

彼らは踊りだし、恋人同士になった。

つまり失恋ソング。

うかつにオンナ友だちをオトコになど会わせるものじゃないってこと。

「思い出す。あの夜のこと」

オリジナルから4年。

パティ・ペイジの歌は、全米で大ヒット。

1920年代のことらしい。

その後世界中に広まり、日本では、エリちえみが歌った。

あまり好きではなく、私は今、畠山美由紀のテネシーワルツを聴いている。

ほろ苦い、恋の歌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください