松 の 芯 い っ せ い に 空 薄 緑

まつのしん いっせいにそら うすみどり

晩春、松の枝先にはロウソクを立てたような新芽が伸びます。

「松の芯」などと呼びます。松には、二百も種類があるそうです。

まっすぐ天を指すように伸びた芯は、よく目立ち清々しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください