東 風 な る と 決 め つ け 首 は 竦 め つ つ

こちなると きめつけ くびはすくめつつ

「こち」

春に吹く東の風で、春を知らせる風です。

道真が、太宰府に左遷されるとき、詠んだとされる「東風吹かば…」

京の屋敷の紅梅に贈った歌とか。

「飛梅」とされる、現在天満宮にあるのは、白梅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください