未練など 知らぬがごとく 桜散る

春の嵐で、ようやく咲いた桜がもう散っている。この潔さ。いつまでも帰るはずのない人を待ってはいけません。一度離れた、人の心は戻ることなどあり得ないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください