月 夜 に は 守 宮 (やもり) の 腹 の 白 か ろ う

やもり

やもりが虫を狙っている。
白い腹をこちらに向けて。
近頃はとんと見なくなって、懐かしい映像のよう。
梅雨の半ばのひと休み。

この句も読まれています。

下関 街に柳の 春が来る 下関の海岸に近い通り、古い街筋に柳がしだれる。細い川の両岸におそらく昔々から、同じ季節が繰り返されてきた のだろう。素敵な街だ。...
行く人の 面持ち険し 寒極む 夕方から、急に気温が下がり、雪が降り出した。 買い物客は、無口になり、足早になる。 手も足もパキパキ動かして、帰りをいそぐ。 表情もかたい。戦闘態勢。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
かやの葉が 折れんばかりに 白露かな... わたしはかやが好きです。 小さな株があっという間に大きくなって、ほとほと困るのも本当ですが、 かやは秋の象徴です。 狭い狭い玄関先にかやが生い茂って、秋の風情というよりも、空き家の風情です。...
今日の秋 ひとつ押さえて 生きてみる... わたしは11月生まれで、そのせいでもないけど、秋が一番好きです。この澄み切ったさわやかな日々を、一日一日確認しながら、楽しみながら生活したいと思うのです。紅葉の季節、どこへ出かけるわけじゃなし、休みは疲れているし、ちっとも余裕の無い暮らしだけど、その気になれば、小さい秋は見つかるものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください