月 夜 に は 守 宮 (やもり) の 腹 の 白 か ろ う

やもり

やもりが虫を狙っている。
白い腹をこちらに向けて。
近頃はとんと見なくなって、懐かしい映像のよう。
梅雨の半ばのひと休み。

この句も読まれています。

コ ス モ ス に 埋 も れ か つ て の 一 等 車... こすもすに うずもれかつての  いっとうしゃ コスモスあふれる児童公園の片隅に、機関車ではないけれど、使用済みの客車が置かれています。 コスモスは満開なれど、居場所のなさそうな、そんなおもむきです。...
糸 雨 の あ と 沈 丁 さ ら に 匂 ひ た ち... しうのあと ちんちょうさらに においたち 未明から糸のような雨がやむことなく降り続いて、小さな庭は久しぶりにひと息ついているようです。 沈丁花は、樹形が丸くて、さらに花が愛らしいことで誰にも好まれる身近な花です。 紅色の薄く混ざった白と、紅色がひとつの花のように見えます。 花のように見えて、花では...
虹 架 か る 信 号 の な き 島 青 し にじかかる しんごうのなきしま あおし 佐世保から船で15分くらい行ったところに、「信号のない島」があります。 厳密に言うと、ひとつだけはあるそうですが、いちおう世間では「無い」でとおっているらしいです。 雨上がりの虹がかかって、海も空も青く青くそれはそれは穏やかです。...
リップサービス せずと決めたり 吾亦紅(われもこう)... ついつい雰囲気を読んで、和やかにできるよう気を使う癖がある。 人は皆そこに付け込む。 余計なことはいっさい言わないことにした。 どんよりしようが、張り詰めようが知ったことではない。 ただ黙々と自分の仕事を片付けるだけ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください