月 夜 に は 守 宮 (やもり) の 腹 の 白 か ろ う

やもり

やもりが虫を狙っている。
白い腹をこちらに向けて。
近頃はとんと見なくなって、懐かしい映像のよう。
梅雨の半ばのひと休み。

この句も読まれています。

も み ぢ の 手 生 命 線 や も う 強 く... もみじのて せいめいせんや もうつよく 生まれて間もない赤子の、それこそモミジのような可愛らしい手。 小さいながら、手相はしっかりあって、運命が決まっているような、この子も多少の差はありながらも、苦労を背負うのかと、ふっと思ったりもしました。 明るく強く、思いやりのあるステキな人に育ってほしい...
辛夷(こぶし)咲く 薄き縁(えにし)の 人想う... 辛夷の花が咲く。まだまだ風が冷たい。辛夷は多分もくれんの仲間だと思う。似たような白い花が咲く。ただかなり小ぶりなので、こっちのほうが、ずいぶんとかわいげがある。人の縁とは不思議だと思う。永く関わりたくてもぷっつり切れることの多いこと出会う人も少なくなった気はするが、いろいろとさみしい春のはじめなり。...
放生会 鳥居の上の 秋の空 放生会の行われるはこざき宮の鳥居は、確か三つも四つもあります。 海のそばから、お宮まで道路をわたって、参道が続きます。 どの鳥居の上にも、おんなじ真っ青な秋の空です。 放生会は夜もいいけれど、昼間も感動的なのです。 もっとも海は遠くなって、見えなくなりました。...
薄 氷 ( うすらい ) の 何 が な ん で も 割 り た が り... 近ごろはめったに見なくなった氷の張った水溜り。 子どものころは、道はでこぼこ、水溜りはあちこちにあり、登校時は、氷の張った水溜りを見つけ次第踏み割って歩いたものだ。 すでに先を越されたものがほとんどだったけれど。 前日に、バケツに水を張っていれば、必ず氷が張っており、天井から落ちたらしい大きなねずみ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください