時 計 草 こ こ か ら 始 め る 今 日 は 秋

時計草 by FinePixF100fd
時計草 by FinePixF100fd / aki.kajitani

なんとも律儀な時計草。
文字盤まである。針もある。
夏の終わりにネジを巻く。
此処から始める。
ヤケのヤンぱちになると、
人生はいつからでも始められる
らしい。そんなこと、あるわけ
ないけど、とりあえず、今年の
秋を始めんとす。

この句も読まれています。

虫の声 夢の続きの 入り(はいり)道 夜中に目が覚める。 いっぱいの秋の虫の合唱で、ふたたびまどろむ。
世の中は クリスマスだと 走りだし 気のはやいこと。あのイルミネーションや音楽に心おどるひと、沈む人、あれ見ると、余計心が寒くなる。やめてほしい。 iPhoneからの投稿...
待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨 まちまちて あげくはいせん はるのあめ 後回しになるとは予想していました。 本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。 それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。 後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いで...
雨音に むかしの痛み 思い出す 何かの拍子に、そうほんのなにかのはずみで、むかし苦い思いをしたというか、させられたことをふっと思い出すことがあります。 台所できゅうりをきざんでいるときや、植木鉢の雑草を抜いた瞬間なんかに、侮辱されたこと、冷たくあしらわれたこと、とても傷ついたこと、それがとっても遠い昔のことがよくあります。 小さい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください