昼 日 中 我 が 足 を 消 す 五 月 闇

ひるひなか わがあしをけす さつきやみ

燦々と照りつける日差し。

木陰に一歩入ると、自分の足が見えない、漆黒の闇に出会うことがたまにあります。

本には、「梅雨のころの天気の悪い頃」とありますが、

炎天下の昼の盛りにも、その現象はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください