春 暁 や 金 の 鉞 選 ぶ 夢

しゅんぎょうや きんのまさかり えらぶゆめ

どこの民話だったか、すっかり忘れてしまいました。

キコリが湖に自分のノコかマサカリを落として途方にくれていると、

女神さまが現れ、「あなたが落としたものはこれですか」と、金のオノをみせました。

「ちがう」とキコリが言うと、次は銀のオノ、それもちがうと言うと、

ようやくキコリの粗末なオノを出し、正直者だとほめて、たしかほうびを遣わしたような話だったと思います。

わたしは、春の明け方の浅い眠りの夢のなかで、

なぜか同じ場面に遭遇し、あろうことか、金のオノを見せられ「それです」と言ってしまって、目が覚めました。

我ながらなんておぞましいこと。

欲深く、とんでもない人間だと改めて確認した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください