春愁や 来し方思う 世間見る

傾斜のある街は好きです。
大通りの裏には、必ずと言っていいほど、小さな裏道があり、途中休みながら、狭い階段を上がります。人生は、先が見えない。もしかして、後になって振り返れば、今は幸せなのかもしれない。
来た道は、今さらどうすることもできないのに、心が向く。
今日を生きることが、精いっぱい。憂いても仕方のないことばかり。
坂を上がれば、思わぬ発見もあるもの。
もうすぐ春は真っ只中。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください