春 日 差 し と き に 目 を 射 る 矢 の 如 く

はるひざし ときにめをいる やのごとく

ようやく春になったと喜んでばかりもいられない。

春の日差しは、矢のように烈しく痛めつけて来ることさえあります。

春の日差しは、美容的には、夏のそれよりこわいとか。

ばあさんが、より気合いの入ったばあさんにならないよう、

気をつけなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください