早 苗 饗 に 腰 痛 嘆 く 田 植 唄

さなぶりに こしいたなげく たうえうた

日本では、苗代で育てた早苗を田に植えなおします。

農家ごとに植えたり、数軒で共同作業をしたり、それぞれですが、サナエブリとかサナブリなどと呼ばれます。

その作業が終わったことをねぎらうための寄り合いのことです。

むかしからある婦人会や、若妻会と呼ばれる女性たちが腕をふるって、ご馳走を作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください