新 筍 剥 く ほ ど 心 細 く な り

しんたけのこ むくほどこころ ぼそくなり

初夏の味覚の大切なひとつです。

最近、小さいものが、八百屋に並ぶようになりました。

米のヌカといっしょに湯がき、一晩そのままにして、翌日剥いて煮たりタケノコご飯にしたりします。

出始めですから、けっこう高い。

剥けば際限なく剥けるような気がして、剥き終えたら半分以下の大きさです。

がっかりします。

竹林は要らないけれど、タケノコ欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください