抑 揚 の 少 な き 峡 の 盆 踊 り

よくようの すくなききょうの ぼんおどり

福岡県民は、盆踊りといえば炭坑節か、山笠で唄われるあの唄だと思っている節があります。

大分の奥山の集落に伝わる盆踊りを、民謡大会で聞く機会があって、あゝこれも民謡かとしみじみと思いました。

食い入るように身を乗り出して見ているお年寄りもいました。

遠いわけではないけれど、ひとりでは、行くこともできないふるさとを思ってのことでしょう。

故郷といえど、ひとは生き死にを繰り返し、あの大人数がいつのまにか家をたたむ、墓じまいをすることは、特に今は珍しいことでもなんでもないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください