手 花 火 が 映 す 油 断 の 憂 ひ 顔

てはなびが うつすゆだんの うれいがお

夜の花火。

暗闇に手元ばかり明るくて、嬌声が上がる。

線香花火は見られなくなったけれど、それに似た、少し寿命の長いものが売られており、花火セットにも入っています。

小さな火、あたりは暗闇、ついつい自分の世界に入ったところを、ほの明るい花火が捉えた。

そんな感じでしょうか。

この句も読まれています。

武 者 返 し 古 戦 の 城 址 仏 法 僧 ( ぶっぽうそう )... 熊本城の石垣。 城に侵入しようとする敵の武者を、反り返った石垣で追い返してしまうことから、この名前が付いたと言われます。 加藤清正は石垣を得意とし、裾は緩やかな勾配のものが、上に行くにつれて垂直に近いものになる「武者返し」と呼ばれる工法をあちこちの城に用いているそうです。 明治の西南戦争では、この石...
明 け 易 し 昨 日 の 難 儀 持 ち 越 し て... あけやすし きのうのなんぎ もちこして 夜明けが早くなりました。 ふしぎと早く寝ることができた日は、ゆっくりと目覚め、あれやこれやと引っかかることや、どうすれば角が立たず、思いが伝えられるかなどと思い巡らすときは、なかなか寝付けず、目覚めも早いのです。 夜は長い方が好きです。 落ち着くのです。 得...
背の縮み 婆(ばば)の裾(すそ)上げ 春の雨... 年をとると、どうしても姿勢が前かがみになる。 背骨の間も縮むらしい。 よって、ズボンの前側は余り、後ろ側はつり上がった感じになる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
気 に 入 り の 夏 帽 の し み 言 は ず お く... この人、会うときはこの帽子ばかり。 よほど気に入っているんだろう。 耳の上のあたりにうっすらシミができている。 黙っていよう。 もう夏は終わる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください