手 花 火 が 映 す 油 断 の 憂 ひ 顔

てはなびが うつすゆだんの うれいがお

夜の花火。

暗闇に手元ばかり明るくて、嬌声が上がる。

線香花火は見られなくなったけれど、それに似た、少し寿命の長いものが売られており、花火セットにも入っています。

小さな火、あたりは暗闇、ついつい自分の世界に入ったところを、ほの明るい花火が捉えた。

そんな感じでしょうか。

この句も読まれています。

半分は 自分のせいか 冬の月 運のせいにして、長い月日を過ごしてきたが、 確かにそれもある。どうしようもないことも いっぱいあるにはあるけれど、集計すると、 どうも半分は自分の責任のよう。なんか、 軸をまちがえて、関連することすべてが悪循環 ってことが原因のような気がする。そのそもそもの 軸間違えの段で、育った環境の影響もあるこ...
風 呂 の 窓 よ り 雪 被 る 背 振 見 る... ふろのまどより ゆきかぶる せふりみる 背振山、福岡市 西区から、佐賀県神埼町にかけてそびえます。 福岡側には、深い谷や滝が多く、難所の多い登山道です。 山腹には、米軍と航空自衛隊のレーダー基地があり、高性能のレーダーが設置してあるとOBの話です。 ウチからは、那珂川町の向こうに、薄く高く冠雪の背...
今夕は 目に入るぞと 台風番 台風が刻一刻と近づいている。 変な雨が降る。 晴れているのに、激しい雨。かと思ったら、一転にわかに黒雲が、空を覆い、 雷の嵐。安定しない。台風の前触れに違いない。...
春の宵 すみれねずみの ぬくい雨 いつまでも暮れない春の宵。 生あったかい風が吹く。 そぼそぼと雨が落ちてきた。 すみれねずみ色の雨、群青ではなく、桜色でもなく、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください