手 花 火 が 映 す 油 断 の 憂 ひ 顔

てはなびが うつすゆだんの うれいがお

夜の花火。

暗闇に手元ばかり明るくて、嬌声が上がる。

線香花火は見られなくなったけれど、それに似た、少し寿命の長いものが売られており、花火セットにも入っています。

小さな火、あたりは暗闇、ついつい自分の世界に入ったところを、ほの明るい花火が捉えた。

そんな感じでしょうか。

この句も読まれています。

おとりなど 使うて釣られ 鮎悲し    ... 鮎釣りの方法に、おとりを使うやりかたがあるらしい。擬似の餌ならまだしも、生きている鮎を釣り針に指し、仲間を寄せて釣り上げるんだと。誰が考えたんだか、おぞましい限りだ。人間にもこいうのがいる。引っかかるほうがアホなんだけど、無垢で善良な人間を、食い物にするような輩はひどい目に遭えばいい。...
花ミモザ 咲き乱れ降る 異人館 ミモザの花は、どこか異国のにおいがする。 ヨーロッパから来たのであろうか、よく知らない。 古い洋館の瓦屋根にとてもよく似合う。 いつのころから、ここにあったものか、 誰か遠い国から持ち帰って、植えたのだろうか。 力いっぱい華やかで、どこか異国情緒を感じるのは わたしだけだろうか。...
遠めにも 植田の畦の 毅然たり 田植えのすんだ田の姿は、きりっとして、すがすがしいものです。
踏 青 や 遠 足 解 散 吉 野 ヶ 里 とうせいや えんそくかいさん よしのがり 春、草が芽生えた野に遊ぶこととのことです。 もともとは古代中国の行事だそう。 春の野遊びです。 整列していた子供らが、吉野ヶ里の歴史公園で、一斉に解き放たれ、お弁当を食べたり、自由に遊ぶ時間です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください