手 花 火 が 映 す 油 断 の 憂 ひ 顔

てはなびが うつすゆだんの うれいがお

夜の花火。

暗闇に手元ばかり明るくて、嬌声が上がる。

線香花火は見られなくなったけれど、それに似た、少し寿命の長いものが売られており、花火セットにも入っています。

小さな火、あたりは暗闇、ついつい自分の世界に入ったところを、ほの明るい花火が捉えた。

そんな感じでしょうか。

この句も読まれています。

言 ひ 足 ら ず 説 明 し 過 ぎ て 寒 の 水... 言葉足らずで誤解を生んだのではないかと心配になって、ちょっと言い訳がましくなって言わなくていいことまで言い、こんなことまで自分のこと喋ることはなかったと後悔することがあります。 そんなときは、「今更悔やんでもしょうがない。これからは、挨拶以外は一生黙っていよう」と、思うのだけれど、そうもいきません。...
初 西 瓜 赤 子 抱 くご と 運 び お り はつすいか あかごだくごと はこびおり 今年初めての西瓜。 植木産。 落としたら終わり。 生まれたての子どもを抱くように、用心して持ち帰ります。...
炬 燵 寝 に 息 し て お る か 確 か む る... こたつねに いきしておるか たしかむる 足元が暖かいうえに、ふかふかの布団をのせているものだから、年寄りでなくとも眠くなるものです。 あまりに長いと、心臓が止まったんじゃないかなどと、ふっと不安になったり。 考えようでは、このまま成仏できれば、痛みもなく、穏やかに静かな往生ではあります。 本...
え つ 漁 の 舟 ゆ く ば か り 梅 雨 の 雲... えつりょうの ふねゆくばかりつゆのくも えつは、カタクチイワシ科の魚で、見た目は抜いた日本刀のように光り、少し反ったこれも刀のような形をしています。 小骨が多く、隠し包丁を細かく入れてもらうことで、おいしくいただけます。 有明海に近い筑後川が、日本で唯一の産卵場所らしく、エツといえば城島 (じ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください