手 ぶ ら で は 帰 れ ぬ と 言 ふ 土 用 波

てぶらでは かえれぬという どようなみ

土用の丑の日あたりの海は、大荒れが続き、気をつけないと海の事故の原因になります。

過去に波にさらわれた子どもの手が、この時季の波間にたくさん見えるという俳句もあります。

引く力が強く、捕まらないように注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください