手 付 か ず の 着 物 の 査 定 日 の 盛 り

てつかずの きもののさてい ひのさかり

もう着物を着なくなって、いくとせか。

こんなに暑くては、浴衣もムリ。

喪服でさえ、喪主も、よほど立派な家柄でなくては、洋装で済ませます。

肩身の上等の物も、荷物になるばかり。

人にきいて、着物専門の、骨董屋に家に来てもらいました。

(言い値) と言うのでしょうが、どこかで、踏ん切りをつけないと。

蝉がうるさく鳴いて、夏は、真っ盛りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください