成 り 行 き に 任 す は 難 し 山 の 霧

なりゆきに まかすはかたし やまのきり

病院に行くと、「 ひとまず二週間分、出しておきます。無くなる頃、もう一度見せてください。」

などと言われる。

日一日と良くなる気配でもあれば、心配なく過ごせるのだけれど、昨日も今日も、言われたとおり服薬しているのに、これといって変化なしでは、焦りもするものです。

だからといって、二週間分出されているのに、四、五日で、「 変わりませんから、来ました 」と行くわけにもいかず。

ガンだったら、手遅れになるのじゃないか。

がまんのときです。

そうこうしているうちに、悪くなるのではと、よくない方に考えが流れ出します。

「 良くならないようなら、大学病院紹介します 」だったら、今紹介してよと、ただでさえせっかちが欠点のワタシは、死ぬほどあせるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください