愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

雨蛙 露天の風呂の 脱衣かご 雨蛙は場所になじんで、色を変えるので、もうびっくり。
垣根から 顔を覗かせ 水引草 赤い小さな花がまるで水引のような水引草。控えめながらしぶとい。ほとんど土がないと思われる石垣やコンクリートの隙間から、今頃の季節になると、顔を覗かせる。秋もそろそろたけなわか。昨日は一日、古い着物をほどいて、ドライで洗って、干して、アイロンかけた。失業中でなけりゃできないことを、見つけてしている。今...
安 納 芋 熱 々 抱 へ 皆 許 せ あんのういも あつあつかかえ みなゆるせ 安納芋のあの黄金色、べったりした食感そしてねっとりする甘さ。 子どもの頃の焼き芋、ふかし芋はあんなじゃなかった。 昔からあったのでしょうか。 品種改良でしょうか。 青木昆陽が、飢えを心配して広めたというサツマイモはぱさぱさでかさかさしたものだったろ...
赤まんま 遠い想い出 深い傷 赤まんまはタデ科の植物。縦に赤い実をつける小さい雑草で、 どこにでもある。わたしは、あの花を見ると、とても辛い 思い出が蘇る。幼児虐待、そんな言葉は以前はなかった。 しつけと称して、やり放題だったままはは。 よく外に出された。赤まんまは友だち。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください