愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

雨が降る 鼠絞りの 波を立て 紅の雨 海を打つ... 今頃の雨を、紅雨と言うそうな。 この季節には珍しい、暗くて深い身をよじるような波の立つ海にも降るのです。...
雪 女 郎 そ の 白 肌 の 力 欲 し ゆきじょろう そのしろはだの ちからほし 雪は古来から、さまざまな「あやかし」を生みました。 雪女もそのひとつ。 雪国の伝説と、人間の想像力のなかに生息します。 雪のように冷たい白い肌とも、透きとおるような青白い肌をしているとも。 雪山で道に迷った人間のオトコをトリコにし、氷のように冷たい...
今はここ 雁渡り行く 明日は知れず... 今、わたしはここにいて、今日の日を過ごす。 雁が渡るのをここで見ている。 今日は今日の日常、明日は明日。 今日とさほど変わらないのか、変わるのか、ただ今はここでこうしていることをあらためて思う。...
また夏が 来る切り抜ける なんとして... 夏がつらい。もともと暑さに弱い。以前は六月は雨が多くて過ごしやすかったのに、今年はもう悲鳴をあげたくなるような暑さ。乗り切らなくては。これから三ヶ月か‥。働いて働いて、疲れすぎると、眠れなくなる。三ヶ月だろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください