愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

春一番 過ぎてなお吹く すきま風 きのう、台風のような春一番。 これでいちだんと春が近づいてくるのでしょう。 人の言葉や態度に感じたすきま風は、 そう簡単に吹き去るものではありません。 この人は、こんなことを考えてたのか。 こういうひとだったのか。 心臓がうしろに引っ込むときや、 心にすきま風が、吹いたり、吹きすさんだりすることが、...
嘘 のあ り 電 話 の 向 こ う 秋 の 雨 Panasonic VE-GDS01-子機(KX-FKD402) / uka0310 電話というものはおもしろい。 面と向かって話をするより、 嘘がばれる。顔が見えない分 感覚が鋭くなるのか、小さな ためらいや戸惑い、反応は手 に取るよう。もう切たがって いることもばればれである。...
モ ナ リ ザ に ム ン ク に 宝 石 露 店 な り... もなりざに むんくにほうせき 露店なり ダイヤの指輪、ネックレス、なんでもありの夜店です。 小さな女の子には、結構人気で、ガラスの、角度によっていろいろ色を変える綺麗なコップなど、心躍る品々にトキメキます。 本物だろうが、贋作だろうが、そんなことはかまわないのです。 ときめくか、自分の机に飾...
数枚を 残し銀杏(いちょう) 落ち葉かな... 銀杏並木の紅葉は素晴らしかった。しだいに落ちる葉が多くなり 加速がついて、今ではもう一本に数枚を残すのみ。 ただ地面は一面の黄色。 一年で一番いい季節が終わりつつある。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください