愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

転 勤 の 挨 拶 の あ り 春 の 雨 The remains of the spring rain / llee_wu サラリーマンの宿命、転勤。辞令ひとつで、あっちこっち。うれしいものもあろう。 希望に心が浮き立つものもあろう。 心配なのは、そうでないとき。人間は、正しい正しくないでは、なかなか動かない。 気が合うとか、合わないとか...
昆布茶(こぶちゃ)吹く 二月半ばの 風を聴く... 梅昆布茶が好きで、一息つくときによく飲みます。 もう二月も半ば。正月が過ぎて、いつの間にこん なに日が経ってしまった。季節を味わうこともな くバタバタと過ごしている。食べるためとはいえ、 なんとも余裕のない人生だと感じます。...
浜風の 聴こえる心地 放生会(ほうじょうや)... むかしはもっと浜が近かった気がする。 あっちもこっちも埋め立てて、海岸はなくなった。
物 故 者 に 黙 祷 か ら の 忘 年 会 ぶっこしゃに もくとうからの ぼうねんかい 今まで必ず出席していた人が、ウワサで体調が思わしくないと聞いたのは、半年ほど前のこと。 ちゃんと受診していたろうになぜと驚くやら慌てるやら。 想い出を語るほどには、時間が経っておらずただ驚くばかりです。 逢いたい人には、「そのうちに」などと悠長に構...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください