愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )... 100円ショップのふくさとお数珠 / yto 先祖代々のお数珠だという。 上等もんだと、こころして扱えと言われた。 そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。 今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げ...
他 郷 と も 言 へ ぬ 永 さ や 秋 幾 度... たきょうとも いえぬながさや あきいくど 縁があったのでしょう。 この町に来てもうどのくらいになるやら。 住めば都で、少々の不便にも慣れて、生活に追われる毎日です。...
潮 騒 を 捉 へ ( とらえ ) あ ぐ ね て 秋 日 傘... 秋を感じたら、行きたいところ。 海、海風を受けたい。 潮の匂い。 神社。 祭りの最中はNG。 準備中の気の張ったところ、より、祭りが終わって、潮が引くように人が去ったあと。 考えてみたら!全部水のあるところ。 湖でも、川でも、もっと上流のせせらぎならもっと素敵だろう。 今を逃したら、捉え損なう貴重な...
春一番 過ぎてなお吹く すきま風 きのう、台風のような春一番。 これでいちだんと春が近づいてくるのでしょう。 人の言葉や態度に感じたすきま風は、 そう簡単に吹き去るものではありません。 この人は、こんなことを考えてたのか。 こういうひとだったのか。 心臓がうしろに引っ込むときや、 心にすきま風が、吹いたり、吹きすさんだりすることが、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください