幾 つ も の 想 い と ぐ ろ に 秋 初 め

正丸峠の秋
正丸峠の秋 / torisan3500

いつの間に年をとってしまった
のだろう。人が言うほど、あた
しは年ではない。むしろ観察眼
は、研ぎ澄まされ、人の言葉の
裏を読む術熟練し、これ以上を
望まぬこと達観し、それでもな
お、嫉妬に身をやつし、もっと
きれいになりたいと願い、なに
やら意気揚々と人に逢い、なん
だこれだけのことかと疲れたり
する。要するに人が思うよりず
っとあたしは煩悩の渦の中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください