幼 鳥 を 挟 み 白 鳥 シ ベ リ ア へ

ようちょうを はさみはくちょう しべりあへ

越冬のため、日本に渡ってきた白鳥が、二月三月になると、北の地に帰る準備をするといわれます。

そして四月になると、本州のあちこちの渡来地から、北海道東部の湖沼に集結するのだそうです。

そして次々と、シベリアへ向かって飛び立ちます。

繁殖が、五月からはじまるので、そういうスケジュールになるらしいです。

渡ってきた当初には、頼りない、灰色だった幼鳥も、越冬中にたくましくなり、羽根も白く生え変わっているとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください