幹 捻 れ 桜 の 古 木 地 に 近 し

みきねじれ さくらのこぼく ちにちかし

桜の古木。

樹齢どのくらいか。

突っかい棒が、2、3本。

幹は殊更に太く、枝は上に伸びるというより、横に張り出す感じです。

その先端は、地面から50センチ程度にまで落ちています。

若木の頃は、おそらく天に向かって伸びていたはず。

時が経ち、老木となり、増えすぎた枝は切られ、それでももうそこに迫っている開花の時季に遅れまいと花芽はしっかりと育っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください