年 波 や 満 州 の 極 寒 言 は ず

としなみや まんしゅうのごくかん いわず

少しの困難、苦難であれば、人に話すことで、心の整理につながることもありましょう。

命をかけ、周りに死人が何人も出て、思い出せば、苦しみや後悔、どうしようもなかったという、強い観念が芽生えるなら、それはもう、人に話せる次元を超えているということでしょうか。

戦争を語らずして逝った人の多さが、それを物語っているように思えます。

70ねんという歳月を経てもなおです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください