干 潮 の 望 潮 泥 ま み れ 曇 天

かんちょうの しおまねきどろまみれ どんてん

有明海の潮の満ち引き。

引きずられるように潮がひき、人を殺す勢いで水平線から押し寄せてくる。

ムツゴロウやシオマネキが、泥の中からすっとんきょうな貌を出したり隠れたり。

シオマネキは、片方の爪だけが異様に大きい小さなカニで、まあよくバランスをとれるものだと不思議です。

もう寒くはないけれど、空は春の曇天が遮るものなく広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください