川 中 に 篝 火 の あ り 花 の あ り

かわなかに かがりびのあり はなのあり

かがり火を焚いた夜桜が川面に映るさまは、幾重にも幽玄で、激しく静かです。
気温が低いため、花の時期は思いのほか長かったけれど、天候に恵まれず、少し残念ではあったけれど、お祭りにならず、静かな花見を楽しめて良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください