川 霧 や 市 井 は 消 ゆ る 渓 の 音

かわぎりや しせいはきゆる けいのおと

博多湾が近い、大きな川にかかる橋の欄干もよく見えない。

川にかかる霧は、一面とはいわず、そこら一帯の景色を消すほど深い。

街は消え、水音ばかりが大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください