川 堰 き て 目 鼻 と っ 散 ら か っ て 河 童

かわせきて めはなとっちらかって かっぱ

川遊びは、危険がともなう。

場所によって、ゴボリと深くなったりしているという。

ここでは、地域のおとなたちが、一定の長さに仕切って、ご丁寧に、すべり台まで作って、川の縁には、ていねいに石を設置して、

安全を確保して、子どもらに公開している。

木陰でもあり、滑り降りてくる子供の顔は、

目鼻が飛び散ったように、ワクワク感に溢れていて、

見ているこっちまでしあわせ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください