山 く ら げ 噛 み 音 響 く 通 夜 振 舞 ひ

やまくらげ かみおとひびく つやふるまい

通夜の席、読経が終わった後、死者との最後の夜に食事を振る舞う習慣が、田舎にはまだあります。

今は、葬儀社が準備するようですが、家で通夜、葬儀を行なっていたころは、農家では近所の主婦が総出で賄いをしました。

普段から、集まりごとが多く、大人数の食事の世話に慣れていることや、鮮度のいい野菜を使うこともあってか、びっくりするほど美味しいものが出て、大いに感動したことがあります。

山くらげという野菜を知ったのもこのときです。

こりこりと気分のいい歯ごたえがあり、部屋じゅうに響き渡るような気がしたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください