小 面 の 笑 み 貼 り 付 く る 春 外 套

こおもての えみはりつける はるがいとう

小面の、「小」とは、可愛いとか若いという意味があるそうです。

能の、女性のお面です。

実際見ると、卵形のぺったりした面に、目からずっと上の方に眉があり、

気味の悪い目と口が笑みを浮かべている、とても親しみを感じるものではありません。

その世界の方が観ると、まったくちがうものになるのでしょう。

外に出るということは、多かれ少なかれ、この笑みのお面を付けることだと思います。

仕事なんて、まったくそうです。

取ってつけた笑顔で、世間には出るものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください