小 春 日 や 炭 塵 爆 発 五 十 年

こはるびや たんじんばくはつ ごじゅうねん

1963年(昭和38年)11月

大牟田市三池炭鉱三川坑で起きた、炭塵爆発事故です。

400人を超える死者、800人を超える一酸化炭素中毒患者を出し、

戦後最悪の炭鉱事故、労災事故と言われています。

三池坑は斜坑となっており、坑口から1600mで事故は起き、

最初の救護隊が到着したのが、2時間経ってから、そのあとが7時間後。

この救助の遅れが、被害者を増加させました。

トロッコの連結がはずれ、火花を散らしながら、脱線、暴走。

トロッコがまき散らした炭じんが引火爆発し、有明海の海底で多くの坑夫が命を落としたのです。

「三池炭鉱に限っては、事故はない。実際何十年も起きてない」

といった「安全神話」があったとされています。

政府も雇用側も、一酸化炭素中毒は、短期間でほとんど回復するから、

心配ないと繰り返し、後遺症患者への補償は、十分行われず、

「ガス患」と呼んで差別した。

50年を経過した現在でも、80人が苦しんでいると聞きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください