寒 鮒 の 甘 露 煮 時 流 好 ま れ ず

かんぶなの かんろにじりゅう このまれず

筑後地方の、郷土料理と言ってもいいのでしょうか。

冬に獲った堀や川のフナを内蔵を抜いて、甘辛く煮て、保存食のように食べる習慣があったような記憶があります。

口の中でじゃりじゃりして、美味しいものではなかったような。

今、道の駅など覗いても、そんなものは売ってはおらず、消えてしまった感があります。

北九州の、青魚のぬかみそ炊きもそうです。

時代とともに、新しいものが流行り、古いものは忘れ去られて行くのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください