寒 風 に 点 滴 引 き て 紫 煙 か な

かんぷうに てんてきひきて しえんかな

天神に行く途中、徳洲会病院の横を通ります。

朝まだ早い7時過ぎには、車椅子の人、松葉杖の人、バケツのような点滴の袋をぶら下げたごろごろを引っ張って来た人。

むかしはあっただろう喫煙室か喫煙所が取り払われたのではと想像するのですが、ベンチがあるわけでもない、病院と歩道を仕切る縁石に腰掛けて、恍惚の表情でタバコを吸っているどうにも意思の弱いオヤジたち。

ひどい人になると、酸素ボンベを車椅子の後ろにセットしながらもやめられない。

もういいよ。

好きなだけ吸ってください。

最後まで泣き言は言わないでね。

この句も読まれています。

冷 素 麺 茗 荷(みょうが) も 葱 も あ り っ た け... こんなに涼しくなってから、そうめんの句などおかしいけれど、わたしには、そんな変な嗜好がある、ときどき。 真冬にそうめん食べたくなったり、真夏に鍋したり。 冷奴は一年中。 薬味が大好きで、葱、紫蘇、生姜、茗荷。 つけ汁にとっぷり入れて、薬味まみれで食べるのがいい。...
紫の 袴のような ズボン縫う ワイドパンツを縫っている。深い紫。いいものではありません。着分売りのバーゲンのコーナー で見つけました。なんと表から貼り付けるんじゃないポケットがついているのです。習ったのに 自分で作るとぐちゃぐちゃになります。でも目の肥えてない人がさらっと見るぶんにはわからな いです。はかまのようなワイドパンツで...
つくつくの 声も聞かぬに 秋の風 ツクツクボウシはどこへ行ったのでしょう。 あの声を聞くと、ああ暑い夏ももう少しの辛抱だと思ったものです。 そうこうしてるうちに、すこうしずつ涼しくなってきたものです。...
木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車... このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ 日田彦山線。 一時間に一本。 湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。 それも一両。 軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください