寒 風 に 点 滴 引 き て 紫 煙 か な

かんぷうに てんてきひきて しえんかな

天神に行く途中、徳洲会病院の横を通ります。

朝まだ早い7時過ぎには、車椅子の人、松葉杖の人、バケツのような点滴の袋をぶら下げたごろごろを引っ張って来た人。

むかしはあっただろう喫煙室か喫煙所が取り払われたのではと想像するのですが、ベンチがあるわけでもない、病院と歩道を仕切る縁石に腰掛けて、恍惚の表情でタバコを吸っているどうにも意思の弱いオヤジたち。

ひどい人になると、酸素ボンベを車椅子の後ろにセットしながらもやめられない。

もういいよ。

好きなだけ吸ってください。

最後まで泣き言は言わないでね。

この句も読まれています。

春浅き 花に雪舞う しだれ梅 このごろの天気の移り変わりの激しさはなんでしょう。 そして二月半ばを待たずして、梅はもう終わりかけています。 またちらちらと雪の舞う日があります。 みぞれのような冷たい雨もあり、 今朝は台風のような、春一番が吹き荒れ、 いまはどしゃぶりの雨、あしたはあがるのでしょうか。...
運 動 会 マ ー チ に 乗 り て ポ ス ト ま で... うんどうかい まーちにのりて ポストまで 近所の幼稚園が運動会のようです。 聞き慣れた行進曲が拡声器で鳴らされており、別にリズムに乗るつもりはないけれど、ついつい規則正しく歩いてしまう。...
荒 星 や 他 人 ( ひと ) の 仔 育 つ る 猿 の お り... 人間の世界では、連日育児放棄や虐待が言われているなか、親を亡くした仲間の仔を、自分の仔とおなじに育てている母猿がいるという。 新春から、心温まる話。 生まれかわったら、人間にお成り。 きっといいことがある。 代わりに、わたしのまま母を猿にしてあげよう。...
自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む... じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ 高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。 わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。 都会の女の子...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください