寒 風 に 点 滴 引 き て 紫 煙 か な

かんぷうに てんてきひきて しえんかな

天神に行く途中、徳洲会病院の横を通ります。

朝まだ早い7時過ぎには、車椅子の人、松葉杖の人、バケツのような点滴の袋をぶら下げたごろごろを引っ張って来た人。

むかしはあっただろう喫煙室か喫煙所が取り払われたのではと想像するのですが、ベンチがあるわけでもない、病院と歩道を仕切る縁石に腰掛けて、恍惚の表情でタバコを吸っているどうにも意思の弱いオヤジたち。

ひどい人になると、酸素ボンベを車椅子の後ろにセットしながらもやめられない。

もういいよ。

好きなだけ吸ってください。

最後まで泣き言は言わないでね。

この句も読まれています。

水 た た へ 植 田 に 映 る 雲 涼 し ようやく田植えも終わり、田圃周りは静かになった。 一面に張られた水に、夏の雲が映っている。 暑いのだけど、水に映る景色の涼しげなこと。...
芝芽ふく 春の絨緞(じゅうたん) まっしぐら... 芝というものは、少しずつ少しずつ芽を出すのだと思いますが、昨日まで薄茶色だったのが、 きょうになると、いきなり緑に見えてびっくりしています。 たぶんある一定の線を超えると、人間の目には緑に見えるということなのでしょう。 まだときどき寒い日があるものの、春が来ました。 よかったらクリックください。励み...
散り落ち葉 はらはらと落つ 無人の駅に... 紅葉の時期が少しずつ移り変わるのは、美しい。 桜が散るのとはまた異なった風情で、しばし心豊かになれたような気がする。 無人の駅のホームにも屋根にも色とりどりの葉っぱが落ちる様はどこかなつかしい。...
黒々と そそり立つ闇 夏木立 田植えを終えたばかりの田の奥に、山の裾野に長々とそそり立つ黒い木立 季節は変わり、青かった木々は、堂々と黒い得体の知れない立派な木立になる。 人も変わる。良くも悪くもそのままでいられるはずもない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください