寒 雁 の 声 飛 び 交 ふ て 山 低 し

かんがんの こえとびこうて やまひくし

晩秋、ハクチョウとカモの中間くらいの大きさのガンが姿を見せるようになると、いよいよ冬の到来です。

いずれも水草や実や穀類を摂る植物食です。

警戒心が強く、群れで暮らします。早朝に田んぼへ出かけ、採食し、ネグラの湖沼に戻り眠ると言われます。

勢いがあって、声が大きく思いのままに飛びまわる姿は、なかなかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください