寂しさが 渦を捲き来る 虎落笛

冷たい風が、電線をうならせて、ヒューヒューとなんともやりきれない音を出す。
コートの襟を立てて歩く。寒さは変わらない。悲しみ寂しさが自分を真ん中にしてつむじ風を起こしているような気が
する。虎落笛のなく日は、こころが凍える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください