家 畳 み 地 蔵 は 残 る 秋 の 空

いえたたみ じぞうはのこる あきのそら

古くて大きな家が、壊されて、道に面した角にあったお地蔵さんも片付けられるかと、思っていたら、残されて、変わらず清潔なエプロンと、秋の小花がさしてあった。

誰かが亡くなったから、つくられたものと推察します。

大切にされていることに、他人事ながらホッとします。

何もかもが新しくなって、街は目まぐるしいほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください