孤高のメス

堤真一主演。
タイトルにひかれて、試写会応募して観ました。
もしお金を払っていたら、不満たらたらだろう。
こんなになんのヒネリもなく、事実に基づいたわけでもなく、チープな馬鹿にしたような作品は近年珍しい。
脚本とかきにしたこともないが、こんなの誰が作ったんだ。
ただ無駄に長い。
やたら風が吹く。
ぜーんぶ堤真一が一人で簡単にやってのける。
なんなんだ!って思う。
参りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください