子 パ ン ダ の ひ と り 立 ち か な 山 眠 る

こぱんだの ひとりだちかな やまねむる

ネズミのようなパンダの赤ちゃんが成長していくサマがテレビに毎日映し出され、日本中がその愛らしさに魅了されたのもこの頃の話ながら、動物の世界では、親が子離れ、子が親離れするときがやってきました。

愛らしさはたくましさに変わり、季節は過ぎて、年が明けました。

時が経てば、あんな可愛らしい時期もあったよねと思い出話に花が咲くことになりそうです。

いいことも悪いことも、こうして過ぎ去ってゆくものだと、時が解決してくれるモノゴトや気持ちは、意外に多いような気がします。

この句も読まれています。

春 う ら ら 視 力 検 査 は 見 え る 振 り... はるうらら しりょくけんさは みえるふり わたしは小学生の頃から近視で、毎年新学期恒例の身体検査の視力検査が、苦痛になるほどいやでした。 あの頃の教師たちは、何も考えずに喋る人ばかりで、「えー、これも見えないのお〜」なんてことを、でっかい声で言う。 そのせいでもないけれど、小学生のわたしなりの対策...
営々と 命の芽吹き 続けども よき春の年 数えるほどに ... 毎年春は巡ってくる。 変わらず季節はおとづれるけど、 よき春と思える年は少ない。いつもいつもあれやこれやと うんざりするほど抱えて、花見どころではない年もある。...
草 取 り も 餃 子 包 み も 果 て し な く... くさとりも ぎょうざつつみも はてしなく 果てしのない仕事をするときは、絶対に全体を見渡さないようにしています。 見渡せば、ぞっとして、やる気を無くしてしまいそうだからです。 草取りは、目の前の1m四方だけ。 餃子包みは、取り敢えず10個やろうと。 1mも10個も、積み重ねれば、着々と進みます。 ...
夏が往く 貨物列車に ススキの穂 盆がすぎ、暑さの中にほんのひとつまみの秋、まだまだほんの気持ち、でももうひと頑張り、秋まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください