子 パ ン ダ の ひ と り 立 ち か な 山 眠 る

こぱんだの ひとりだちかな やまねむる

ネズミのようなパンダの赤ちゃんが成長していくサマがテレビに毎日映し出され、日本中がその愛らしさに魅了されたのもこの頃の話ながら、動物の世界では、親が子離れ、子が親離れするときがやってきました。

愛らしさはたくましさに変わり、季節は過ぎて、年が明けました。

時が経てば、あんな可愛らしい時期もあったよねと思い出話に花が咲くことになりそうです。

いいことも悪いことも、こうして過ぎ去ってゆくものだと、時が解決してくれるモノゴトや気持ちは、意外に多いような気がします。

この句も読まれています。

時 雨 る や 家 中 大 根 煮 る 匂 ひ 明け方から冷たい雨。 長いこと天気のいい日が続いたから、庭木は喜んでいるだろう。 わたしは、雨になると、掃除をしたくなる。 最近は、洋服の端切れを引っ張り出して、見よう見まねで小物を作ったりしているから、生地を置いている棚が何とは無しに乱れがち。 着物を解いた生地、洋服の生地、勿体なくて捨てられない...
地 雨 あ り 筍 竹 に 樹 々 青 く じあめあり たけのこたけに きぎあおく 激しい雨が一日中降り続きました。 地域的にも偏りなく、一定の激しさで、長い時間降り続く雨を地雨と言うらしいです。 咲き乱れた春の花は叩かれ、若葉は気のせいかぐんと緑を増し、今年豊作と言われたタケノコは、これもまたぐいと伸びて、竹の仲間入りをしただろうと想像し...
紫陽花や 紫の又 紫の奥 わたしは深い藍紫の紫陽花が好きです。 ありそうでなかなかこれっという色が見つからないものです。 深い深い紫色の紫陽花は、小さめの花瓶にぽくっと首だけさしてもいいものです。...
かじけ猫 縄張り離れて 餌を探し この寒空に、野良猫は辛かろう。 餌をやると、増えるということで、餌やり禁止令がでている。 同じような色と模様の猫が、急に増えることがある。 わたしは猫は、好きじゃない。従順ではないし、何を考えてるか見当もつかないから。 沼田まほかるの小説に、「猫鳴り」というのがあって、読んだけど、初めから終わりまで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください