好 物 の 芹 飯 笑 顔 浮 か び 来 る

こうぶつの せりめしえがお うかびくる

芹ご飯が大好きな人でした。

店で買ったものでは物足りないと、田芹を自分で半日かけて歩き回って採ります。

田芹は、短くて、雑草に紛れて見つけにくいし、根っこのところから採ろうとするから、手はもちろん爪の間まで真っ黒になって、お供を要請されるのは、まことに迷惑千万でした。

炊き上がったご飯に混ぜ込んで、薄味を付け出来上がりです。

炊き込まないのは、独特の香りと歯ごたえが薄れるからです。

あの笑顔思い出せば、もっとにこにこして参加すればよかった。

まさか今年の芹を食べずに逝くなんて思いもしなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください