好 き で こ の 性 に あ ら ず と 鵙 の 言 ひ

すきでこの さがにあらずと もずのいい

モズのニエ、秋になると肉食のモズは、有刺鉄線や尖った枝などに、トカゲや虫などを刺して、エサを保管する習性を持ちます。

なかにはまだ尻尾が動いているものもあるとか。

いかにも残酷な習性なれど、そんな性癖をもって生まれてきたのは、モズのせいではない。

スズメのように、みんないっしょにいっせいにとなれば、気も楽でしょうに。

米などつついていればすむもの。

一羽で、生きたエサを求めて彷徨うのも辛かろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください